自分に合った洗顔商品を選んでクレンジング洗顔を行おう

メイクの落とし方

乾燥肌の場合クレンジングを行うに関して注意が必要です。クレンジングは肌への負担が大きいことでも有名です。自分に合わないものを使用するとより感想が進んでしまうこともあります。

Read More

危険性を知る

現代には、様々な虫よけアイテムがありますが、間違った利用方法だと危険性の高いものもあります。ですから、高い効果を期待できるといっても安全に利用できるのかを知った上で購入しましょう。

Read More

肌のトラブル

乾燥肌で悩んでいる人は、結構多いです。それに、この肌質のまま放置しておくと老化現象にも繋がってしまいますので、乾燥肌を改善する為に自分の肌に合った化粧水などを選びましょう。

Read More

試せるから便利

どろあわわは、肌のことで悩んでいる人は利用したいと思ったことがあるでしょう。それに、この製品は気軽に試せるようになっているので肌のことで悩んでいるのなら一度使用してみてはどうでしょうか?

Read More

クレンジングと負担

乾燥肌に向いたクレンジング剤

クレンジングと洗顔は、スキンケアの中でも最も肌の負担になるケアです。 特に肌のバリア機能が弱くなっている乾燥肌の方は、極力肌を傷つけないようなクレンジング剤を選ぶ必要があります。 メイクがスルリと落ちるオイルクレンジングは、界面活性剤が強力で肌のバリア機能を壊してしまうため、乾燥肌の方には向きません。 メイク落ちが良いものは洗浄力も強く、その分肌にも負担をかけてしまうのです。 乾燥肌の方には、適度な洗浄力を持っていて低刺激で潤いを奪いすぎない、ミルクタイプやクリームタイプが向いています。 テクスチャーも滑らかで指が滑りやすいという特徴を持っていて、メイクを落としている時でも、指と肌との摩擦を防ぐことができます。

肌に優しくメイクを落とす方法

乾燥肌の方は肌のバリア機能をできるだけ守りながらメイクを落とすためにも、クレンジングの方法にも注意しましょう。 クレンジング剤は説明書などにある通りの量を使用するのが大切です。 少なすぎると肌を擦ってメイクを落とすことになるので、肌を傷つけてしまう危険があります。 また、クレンジング剤を手のひらに取って温めてから肌に乗せると、メイクが落としやすくなります。 メイクを落とす時にも、指に力を入れすぎないように優しくクルクルするのがポイントです。 そして、メイクを浮かせることができれば、しっかりとメイクを落とすことができるので、長時間肌にクレンジング剤を乗せておかないというのが大切です。 肌を守るためにも、ダブル洗顔不要のクレンジング剤が向いています。