自分に合った洗顔商品を選んでクレンジング洗顔を行おう

メイクの落とし方

進化している乾燥肌用クレンジング

ファンデーションなどのメイク用品には油分が含まれているため、洗顔剤では落としきれないのでクレンジングを使用するのが一般的です。メイク汚れが肌に残ってしまうと毛穴がつまってニキビができたり肌荒れの原因になってしまいます。そのためクレンジングは洗浄力が強いものも多く、乾燥肌の方の場合には肌がかさついてしまい潤いが逃げてしまうこともあります。 しかし最近ではクレンジングにも保湿効果がタップリと含まれている製品も多く、また無添加で肌に低刺激になっている製品も増えています。 これからも開発が進められ乾燥肌の方でも肌に負担をかけずにメイクを落とすことができ、またクレンジングだけで肌に保湿や潤いを与えることができる製品も増えてくると考えられます。

メイクの落とし方も重要

乾燥肌の方がクレンジングを使う場合は、低刺激で無添加な製品を選ぶことが必要です。洗浄力が強いクレンジングほど肌から必要な潤いまでを洗い流してしまい、乾燥肌をさらに悪化させてしまいます。 また乾燥肌の方の場合には、クレンジングの選び方だけでなく洗い方にも注意が必要です。クレンジングをつけて肌をごしごし強くこすったり、また冷水や40度以上のお湯で洗い流してしまうと肌に余計な刺激を与えてしまいます。 ジェルやクリームタイプの場合は手の体温である程度溶かしてから肌に馴染ませ、馴染ませる時も指の肌で優しくつけていきます。ふき取りタイプであれば肌に少しのせてメイクを浮き上がらせてからふき取ると摩擦があまり起こらずに落とせます。