自分に合った洗顔商品を選んでクレンジング洗顔を行おう

肌のトラブル

肌が乾燥するとシミができやすい

女性の大敵でもあるのが紫外線です。 薄茶色のシミを肌に作ってしまったり、乾燥肌へと追いやってしまったりなど、様々な肌によくない影響をおよぼしてしまいます。 目立つシミを作ってしまう紫外線ですが、乾燥肌だと紫外線の影響を受けやすくシミができやすいのです。 乾燥している状態は水分が不足していますが、これは表皮の肌細胞同士の間にすき間ができていて、そこから水分が蒸発しています。 つまり、外からこのすき間を通って紫外線が入り込みやすいため、シミなどの肌トラブルが起きやすいのです。 シミを防ぐためにも、まずは化粧水でしっかりと水分を与えてあげて、乳液やクリームで肌を保護してあげるのが大切です。 また、化粧水には保湿成分が含まれていると、水分をとどめておく力がアップしてくれます。

30代からの乾燥対策

肌の衰えが加速していく30代からは、しっかりと年齢肌に負けないスキンケアを行なっていく必要があります。 肌質も徐々に乾燥肌へとシフトしていきますので、今まで使っていた化粧水や乳液、クリームなども、保湿力の高いものへと変えていく必要があります。 乾燥肌は様々な肌トラブルの原因になりますし、しわやたるみといった肌老化を引き起こすきっかけになります。 肌が乾燥していると目尻や口元に小じわができやすくなり、肌がくすんで肌全体の機能も低下してしまいます。 年齢と共にターンオーバーも遅くなってきますが、乾燥しているとさらにそれに拍車をかけてしまいます。 そのため、しっかりと化粧水やクリームなどの化粧品で、保湿ケアに力を入れていくのが大切です。 将来の肌を若々しく保つためにも、30代からは肌を乾燥させないケアを心がけましょう。